概要

Chinachuは録画終了時に自動的に指定したコマンドを実行できます。

そのコマンドにてスクリプトを指定しmp4にエンコードする人が多いのではないかと思います。しかし、それだけだとエンコード後のmp4ファイルは当然ファイルベースで管理するしかないため録画した生のtsファイルと比べて管理しにくくなります。

そこで、Chinachu WUIで録画ファイル一覧として参照しているrecorded.jsonへの書き込みを含めたスクリプトを書いたのでGitHubにて公開しました。README.mdを見て使ってください。

kenh0u / recordedCommand

ちなみに私はすべての録画ファイルをエンコードしたいのでこのスクリプトではエンコードするファイルに条件をつけることはしていませんが、このスクリプトにてGoogle Driveへのアップロードで行なっているようにファイル名にて区別することは簡単にできますし、$2の情報を使ってjqコマンドで抜き出してタイトルやジャンル次第でエンコードすることもできると思います。マシンスペックが厳しい人などは検討すると良いと思います。